コンジローマ, 医療, 新宿

コンジローマ 新宿のクリニックでの検査および治療法は

コンジローマはウイルス性の性感染症ですが、その多くは性的スキンシップなどにより、皮膚あるいは粘膜の傷から入り込んで感染すると言われています。感染すると、乳頭状の腫瘍が現れることが多いですが、感染したすべての人に必ず症状が出るということがないため、注意が必要です。また、クリニックで視診による診察を受けても、はっきりとした症状が確認できるまでは数週間から半年以上かかる場合があるため、感染のきっかけを特定しにくくなります。新宿のクリニックで診察してもらう場合、その多くの診断方法は視診でおこなわれることが多いです。

新宿のクリニックによっては、麺棒を使用して陰部の擦過などをおこない、コンジローマの原因となる「ヒトパピローマウイルス」がないかを判定してもらうことも可能です。検査の結果、コンジローマとわかった場合は治療へという流れになりますが、新宿で受けられるコンジローマの一般的な治療法は次のようなものがあります。まずは「軟膏」によるもので、患部やその周囲に軟膏を塗りウイルスへの免疫力を強化しながら、それ以上増殖することを抑える方法です。次が「手術」をおこなうもので、電気メスなどを使用してイボを切除するか、炭酸ガスレーザーによる焼灼というやり方もあります。

ただし、ウイルスにダイレクトに働くものではないため、再発する可能性があるという点は念頭においておきましょう。感染を予防するためには、何よりもコンドームを必ず付けること、そして不特定多数の相手との性交渉をやめることが大切です。新宿でコンジローマのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です