コンジローマ, 医療, 新宿

新宿でコンジローマを治療したい

新宿には性病治療に力を入れているクリニックが数多く展開しているので、コンジローマで悩んでいる方でも改善を期待できます。最初にコンジローマという病気を確認しておくと、HPV(ヒトパピロマウイルス)に感染することで世紀にイボのようなデキモノが発生する病気です。感染経路は性行為を介在してのことになるので性感染症の一種と言う位置づけになります。自覚症状はほとんどなく、ニワトリの鶏冠やカリフラワーに類似したイボが冠状溝や陰唇に複数見られます。

潜伏期間は数週間以上とされており、原因となった性行為から相当日数が経過してから発見されることもあり、性生活が旺盛な生活を送っていると、知らないうちに複数の相手に感染を広めてしまう可能性があります。自覚症状がないとはいっても、進行すれば見た目にも変化がでるうえに、違和感やいたみなどの症状が出る可能性があること、そしてなにより性行為により感染を拡大するリスクがあるので軽視することはできません。新宿のクリニックでのコンジローマ治療は主に液体窒素を幹部に塗布することを主軸に、イモキシドクリームと言う塗り薬を必要におうじて併用するというスタイルがとられていることが多いようです。塗り薬は免疫機能を活性化させるという特徴的な作用を持っているので、使用にあたっては医師の指示を順守する必要があります。

新宿は交通アクセスも豊富で、気兼ねなく通院できるクリニックがたくさんあるので、心当たりがある方はコンジローム治療に前向きに取り組んでみてください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です