コンジローマ, 医療, 新宿

コンジローマを新宿で治療できる

性器やその周辺、尿道口などにイボができることがあります。フォアダイスや皮脂腺が膨らんでいるなど、生理的減少であれば問題はありませんが、コンジローマのリスクが高いので放置するのは得策ではありません。コンジローマとは、HPV(ヒトパピロマウイルス)グループの6から11型に感染することで発生する良性腫瘍のことです。いたみや痒みなどの自覚症状はほとんどなく、肉眼的に観察したときの印象から乖離することも。

自覚症状に乏しく、あまり人目に付く場所でもないので羞恥心なども影響して相当進行するまで放置されることも珍しくないようです。しかし自然治癒は期待しずらいので、交通アクセスもいい新宿などの専門クリニックで治療することをおすすめします。新宿でコンジローマの治療を依頼するときには、性病科や性感染症治療を掲げるクリニックを選びましょう。患部が性器という非常にデリケートな部位であるだけに不安が強いかもしれません。

このような不安を考慮して、新宿エリアのクリニックでは、幹部の状態により柔軟な治療の選択肢を提案しています。イボの数が少ない場合は、液体窒素で一時的に幹部を破壊し、自己再生で健常な皮膚や粘膜に回復するのを維持する治療が基本です。外科的にメスを入れないので、いたみなどの負担はほとんどありません。イボが広い範囲に散らばっている場合は、ベセルナクリームという塗り薬が選択されることも。

放置するとパートナーに感染を広げてしまうので積極的に治療に向き合うことが重要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です