コンジローマ, 医療, 新宿

新宿ですぐにコンジローマをケアしましょう

かつては性病と呼ばれた性感染症、患者数は少なく推移していましたがここ10年ほどでは明らかに増加傾向になっています。特にクラミジアや梅毒などは若年世代での感染者数の増加は顕著で、公衆衛生上の問題と認識されています。性感染症とは性行為や感染部位との性的接触などを経路に感染拡大する病気のことです。コンジローマも最近患者数が増加意傾向にあります。

きっかけになるのは、性器やその周辺・尿道や肛門などいわゆるデリケートゾーンに発生するイボうを発見することです。見た目は身体のほかの部位にできるイボ全般に類似しており、特にいたみも痒みもありません。しかし進行すると見た目が悪く、性行為などにも支障となります。異常を発見したら、新宿で改行しているクリニックを受診することが必要です。

新宿のクリニックで治療を開始するべき理由は、まず多彩なクリニックが改行しているので気兼ねなく通院できる環境が整備されていることです。そしてコンジローマの治療薬は薬局では市販されていないというのが何よりの理由といえます。新宿でコンジローマの治療をうけるとなると、どのような選択肢が提案されるのかは患部の広がりや、サイズ・イボの数などにより左右されます。コンジローマが尿道や肛門などにできると、外科的治療が必要になってきますが、そこまで深刻な症例はまれです。

麻酔をして液体窒素でイボを破壊するのが一般的ですが、塗り薬を併用する場合もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です