コンジローマ, 医療, 横浜

植毛施術における人工毛と自毛の効果の違いとは

世の中には抜け毛がひどくてすっかり髪のボリュームが少なくなってしまったり、頭皮が透けて見えるほどに薄毛が進行してしまっている人も少なくありません。特に若くしてこれらの症状に見舞われると外見的にもコンプレックスを抱えてストレスが募ることにもなりかねず、いち早く改善の手立てを探すことが重要となります。薄毛の治療には様々なものがありますが、しかしどれも即効性は期待できず、頭皮ケアや育毛剤使用でも効果が出るまでに数ヶ月かかったり、AGA治療でも男性ホルモンがうまく制御できるまでに半年から一年ほどかかる場合もしばしばです。一方、薄毛治療の専門クリニックで受けられる植毛施術などを活用すると短期間で見違えるほどの改善を得ることが可能となります。

この植毛には二種類のものがあり、ポリエステル系の人工毛を用いた施術だと3、4時間で1500本ほど植毛することができるので、あっという間に髪のボリュームを復活させることが出来ます。最近の人工毛はリアルな髪とほとんど変わらないほど高性能に出来ていますので安心して活用できるでしょう。もうひとつは薄毛になっていない健康的な部位の自毛を頭皮ごと切除して、薄毛に見舞われている頭皮にパンチのようなもので穴を空けたところに植え込んでいくというもの。これには下準備などが必要なので半日以上の時間がかかりますが、しかし自毛である以上、細胞レベルで自分との相性はよく、定着率も人工毛に比べて極めて高くなります。

ちなみに費用の面を鑑みると人工毛がお得な設定となっています。これらの要素に加えてクリニックの評判なども加味しながらどちらの手法にすべきか結論を出すことが求められます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です