コンジローマ, 医療, 横浜

尖圭コンジローマにかかったら横浜の医療機関へ

尖圭コンジローマは男性だけの病気ではありません。女性でもかかる場合が多い為、慎重に対応することが必要です。かかる原因として挙げられているのは、ほぼ性行為だといいます。尖圭コンジローマの人と性行為を行うと、8割程度の確率で感染するため注意してください。

感染してから発病するまでの潜伏期間は3か月ほどといわれており、発病しても症状がない人も多いです。一般的に女性の場合、10代後半から30代前半の人がよくかかるといわれています。いぼが発生するのは外陰部・膣・子宮頚部の皮膚や粘膜です。太ももなどに広がることはありませんが、放置しておくと子供のできにくい身体になる可能性があるため、注意しなければなりません。

男性のように陰茎にできてくる場合はわかりやすいですが、女性の場合直接陰部を目にする人は少ないため、わかりづらいです。横浜市内では尖圭コンジローマの治療を請け負っている優秀な医療機関がたくさんあるため、万が一発病していると気付いたり、ウイルスを持っている人と性行為をした自覚がある場合には、早目に医療機関を受診しましょう。横浜市内とはいえ、検索すると色々なところにあるため、確認してから医療機関に出かけることが重要です。事前にお問い合わせフォームなどを使い、自分の症状を伝えてから行くと、病気に合った対応をするため安心です。

治療を行っている医療機関の中には、横浜駅から近い距離にあるため、会社帰りなどに通いやすいといえます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です