亀頭増大, 医療, 精力

自毛植毛とその特徴とは

自毛植毛とは自分の後頭部や側頭部などの健康な髪の毛が生えている部分から、頭皮ごと髪の毛を採取して薄毛が気になる部分に移植するという増毛方法です。皮膚と一緒に採取した髪の毛は、1株ごとにわけられ施術を行う部分の頭皮に1株ずつ植毛していきます。施術範囲が広い場合には数回に分けて手術が行われることもあります。自毛植毛は自分の髪の毛を移植するものであるので、拒絶反応を起こすことが少なく定着率も高いという特徴があります。

自毛植毛は麻酔を使って行う外科手術で移植手術中の痛みはありません。ただし術後に麻酔が切れるとしばらく痛むことはあります。移植した髪の毛は術後に一度抜け落ちてしまいます。そのため失敗したのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、これは正常なヘアサイクルのためにおこる現象で抜け落ちた後には健康な髪の毛が徐々に生えててくるので心配する必要はありません。

移植した頭皮が定着して自分の髪の毛が生えてくるようになれば、他の自分の健康な髪の毛と同じようにシャンプーやヘアカットなどを行うことができます。そのため、かつらや人口毛植毛のように定期的なメンテナンスは必要ありません。また自毛植毛は自分の髪の毛を使って行うので、定着して生えてきた髪の毛は他の部分に生えている髪の毛と同じ毛質、毛色であるため見た目にも自然で違和感がないというのも大きな特徴です。頭皮の採取などの傷跡が気になるという人もいますが、短髪にしたりしなければ目立つような傷跡ではないのであまり気にする必要もありません。

亀頭増大のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です