包茎手術, 医療, 品川

自毛植毛と人工毛植毛との違い

自毛植毛とは、後頭部などに生えている自分の毛髪を移植することによって、毛を再生させる方法です。移植手術の際には、毛根ごと移植するため、手術が成功すると移植した毛根から毛が生えてきます。手術の成功の確率はとても高く、成功率は95パーセント程度を誇ります。一度手術を行うと永続した発毛効果が得られることが、自毛植毛の大きなメリットです。

人工毛植毛は、人工の毛髪を薄毛になっている部分に移植します。移植する毛は人工物ですので、自毛植毛のように本物の自分の毛ではありません。そのため毛の再生力が回復するようなことはなく、時間が経つと必ず抜け落ちてしまいます。毛が抜け落ちるとまた移植手術を行うことが必要になり、定期的なメンテナンスが欠かせません。

自毛植毛のメリットは自分の毛が再生できることですが、デメリットとして、発毛の効果が出るまでには半年程度の時間がかかることです。人工毛植毛の場合は、移植手術が完了した瞬間から毛を増やすことができますので、即効性があることが人工毛植毛のメリットになります。自毛植毛をしたくても、移植が可能な毛が少ない場合には、残念ながら移植手術を行うことはできません。そのため、かなり薄毛が進行している場合には、人工毛植毛しかできないことになります。

人工毛植毛は人工の毛を移植するため、全ての毛が抜け落ちてしまっている場合でも植毛をすることが可能になります。この点が人工毛植毛のメリットです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です