包茎手術, 医療, 横浜

医療かつらには3つの種類があります

病気治療の際、脱毛症状に見舞われている人のために医療かつらが活躍をしています。とりわけ、女性患者にとっては、髪の毛が無くなるという大きな外見変化は精神的にもダメージが大きいです。闘病生活を続けている患者にとって、医療かつらはメンタル面でも頼りがいのある存在になっています。医療かつらには、大別しますと3つの種類に分けられます。

既製品とセミオーダーとフルオーダーです。最も価格的に安価なものは、言うまでもなく既製品です。カタログの中から簡単に選べます。もちろん、治療のプロセスで、毛が抜けたり、あるいは、その後、また生えてきたりしますので、サイズの変化にもついていけるようになっています。

ただし、既製品ですから、決められたデザインや色のものしかありません。次に、セミオーダーですが、価格は既製品よりは高くなります。半分ぐらいは仕上がっている品の中から、自分の好きなものを選んで買うことができます。そして、そこに、望み通りにカットを入れたり、色を付けたりすることも可能です。

サイズは調整してくれますので、頭にぴったりとフィットします。最後に、フルオーダーの場合です。オーダーメードですので、毛質やスタイルを自分の好みで決めて、かつらを最初から作ります。費用も、上質なものでしたら80万円ほどかかってきます。

さらに、一か月超の仕上がり期間が必要となります。自分の好みや費用負担の問題を総合的に判断して、どの種類の医療かつらにするかを決めればいいのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です