包茎手術, 医療, 糖尿

医療かつら、医療ウィッグとは

近年耳にする医療かつらもしくは医療用ウィッグですが、一般的なウィッグと医療かつらでは何が違うのかと言うと、実は違いはあまりありません。というのも市販のウィッグと医療かつらに明確な定義や規格の違いは定められていないのです。しかし、癌や白血病といったような病気の治療に伴って使用するかつらを一般的には医療かつらや医療用ウィッグといいます。メーカーによって機能も品質もお値段も様々ですが、治療中から使用するものなので、使う本人に合うかどうか、安心して使えるかどうかが一番大事だと思います。

そんな医療ウィッグですが、選ぶときのポイントがいくつかあります。まず、サイズ調整ができるかどうかです。脱毛状態時に購入したウィッグが、発毛してから合わなくなった場合にこのサイズ調整が出来ると安心して、自分の髪が伸びてくるま使用できます。次に軽いかどうかです。

カチューシャのような一見負担のなさそうなものでも1日装着しているとこめかみがぎりぎりと痛くなったりすることがある位です。その為、重くて負担にならないか、しめつけ感は強くないかどうかも大事なポイントになります。また、治療中の肌は非常にデリケートで敏感なのですぐかぶれたりします。そして熱がこもったり、汗を溜め込まない通気性に優れているかどうか、肌への負担が少ないかどうも大事です。

最後に、医療かつらの特徴として、「自分の髪に限りなく近く使用できる」という点が最大のメリットとしてあるので、やはり同じ医療用ウィッグを購入される場合には、見た目が不自然でなくスタイリングも自分の髪のようにできるものを選ぶことで、安心して使い続けることが出来ると思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です