コンジローマ, 医療, 新宿

自毛植毛の効果と実施するための条件

自毛植毛とは、自分の毛根組織(主に後頭部)を採取して、薄毛部分に移植するという外科的な技術を駆使して行う治療法です。自らの毛根を使用するということで、親和性が高いということが特徴です。このために、拒否反応やアレルギーなどの異常が発生する危険はほとんどないので、安全性においても信頼できる内容を備えています。自毛植毛は、男性に対して特に有効です。

これは、男性の薄毛の大部分は前頭部から頭頂部にかけての部分に集中しており、後頭部の頭髪は健康的な状態をキープしているからです。この健康的な頭髪の内部にある毛根組織を薄毛部分に移植すると、移植した先で再び頭髪は健康的な成長を続ける様になります。なお、自毛植毛により成長する頭髪は、云うまでもなく自分のものです。簡単にいえば後頭部に生えていた頭髪が移動したということであり、シャンプーも気兼ねなく行えるうえに、髪型も自由自在に楽しめます。

また、施術が完了すれば原則として、以後の定期的なメンテナンスは不要です。このために、クリニックによっては偽名で施術を受けることを認めている場合もあります。この様に薄毛に悩んでいる人にとって魅力的な自毛植毛は、薄毛の原因や性別は問いませんが、唯一クリアしなければはならない条件があります。それは、移植するだけの毛根組織が残っているということです。

この条件さえクリアできるのであれば、老若男女問わず実施できる上に高確率で薄毛を改善できます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です