バーチャルオフィスの最安値はいくら?

バーチャルオフィスを提供している会社はたくさんありますが、立地や付帯サービスの有無、オプションなどによって毎月かかってくる金額は変わってきます。郵便物の受け取り、転送や法人登記、電話転送、貸会議室、税務相談などを行ってくれるところもありますので、最安値という値段だけでなく、総合的に満足できるサービスかどうか判断してから契約するのが良いです。都内の一等地のバーチャルオフィスの最安値は500円程度からありますが、入会金や保証金などの初期費用がかかることもあるので料金体系は必ず確認しておきましょう。年一括契約になっていることもあり、最低利用期間のチェックも忘れずにしなくてはなりません。

最安値というワードだけに飛びつくと、予想以上にコストがかかることもあります。法人口座開設保証の有無も重要です。バーチャルオフィスはその特性上、過去に犯罪に利用されてしまって問題になったこともあります。そのため銀行で法人口座を開設しようとしても、バーチャルオフィスの住所では受け付けてもらえないこともあるのです。

法人口座が作れないと取引先とのやり取りに支障をきたすケースもでてくるかもしれません。すべての銀行で法人口座が作れないわけではありませんが、近年は口座開設のチェックが厳格化しているので注意しましょう。そのようなときに保証制度があると返金してもらうことができます。ただしサービスを提供している会社側は口座開設が不可になったことがないから保証制度を用意している場合もあり、保証制度があるということは法人口座を作れる可能性が高いという目安にもなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です