バーチャルオフィスレンタルは便利だがデメリットも

近年、会社員をしながら副業をする人や、リモートワークなどの働き方の多様化によって、「バーチャルオフィス」の需要が伸びています。そもそも、起業するにあたり、事業所の所在地というのは大変重要なポイントです。ネームバリューという言葉があるように、会社の所在地が一等地にあればイメージアップにつながり、営業の際にも力を発揮してくれる可能性があるのです。特にスタートアップ企業にとって、事務所の所在地は大きな要素を占めるとも言えます。

ただ利用するにあたり、気になるのは、バーチャルオフィスの安全性や信用度ではないでしょうか。確かに、こういうサービスを悪用するケースは全くないわけではありませんが、バーチャルオフィスのレンタル自体は違法ではないため、その点は安心して利用可能です。とは言っても、バーチャルオフィスレンタルは便利な一方でデメリットもあり、それはまず「作業スペースがない」という問題です。住所だけ借りるわけですから当たり前なのですが、実務作業をおこなう際にスペースがないのはやはり不便でしょう。

そんな際は、オプションサービスで会議室スペースをレンタルできる可能性がありますので、契約時に確認すると良いです。次に、「人材派遣業」や「古物商」など、行政の許認可を必要とする業種では、実体ある事務所が必要だったり何㎡以上必要、賃貸借契約書などの条件があり、バーチャルな住所は認められないことが多いため注意しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です