バーチャルオフィスをレンタルするメリット

働き方の変化によって、現代社会では必ずしも会社に出社しなくても済むようになってきました。しかし会社として住所がないと信用が大きく落ちてしまいます。バーチャルオフィスのレンタルはそのようなときに役に立ち、実際に物件を借りていなくても、住所を借りることができるようになります。中には郵便物の転送やレンタル会議室が利用できるサービスもあるので、用事があるときだけ訪れれば対外的にはそこに会社があるように思ってもらえます。

バーチャルオフィスは賃貸のような敷金礼金が発生しないので、初期コストを大幅に削減することができます。また自宅を登記しなくて済むので、個人事業主の利用にも向いているでしょう。東京で言えば新宿や銀座のような一等地にオフィスを構えることができますが、会社がどこにあるかも信用に大きく関わってくるので、事業に影響をしてくる可能性もあります。特にネット通販をするような会社は一等地に住所を構える必要はないのにも関わらず、会社の住所が信用に与える影響が大きいので、バーチャルオフィスのレンタルのメリットが大きくなりやすい職種と言えるでしょう。

ただしすべての業種で使えるわけではありません。弁護士や税理士、宅地建物取引業などの許可が必要な業種の場合、バーチャルオフィスでは申請ができないこともあるので注意が必要です。また近年では法人口座の開設が難しくなっているため、同じ住所で悪用された履歴があると、法人口座の開設ができないこともあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です