• エコエネルギーとして注目される熱回収

    絵ねエネルギーの観点と室内を過ごしやすくする方法として、各電器機器メーカーがこぞって取り入れているのが熱回収システムです。



    熱回収システムというのは、空気中には太陽から発せられる熱エネルギーによって温められた粒子が存在します。



    その太陽によって温められた粒子というのは冬であっても含まれているので、それを吸い込むファンを使って温められた粒子を回収します。

    そして温められた粒子を一つにまとめて、それをエアコンの暖房機能だったりお風呂の湯沸しに使います。
    この熱回収システムのメリットは、やはり1日の光熱費が安くなることです。
    エアコンの暖房や湯沸しにガスや電気を使う場合、エアコンであれば空気を湯沸しには水を電気やガスの熱によって温めて使います。



    その場合水も空気も冷たい状態から温めて使うことになるので大量のガスや電気が必要になり電気料金が高くなりさらに環境面でも負荷が大きいです。そこで水や空気が冷たい段階から使うのはしょうがないにしても、温める段階から即座に電気やガスを使うのではなくその間に別のエネルギーを使って温めることを考えると効率がよくなります。そこで熱回収システムの登場であり、大気中の熱粒子を一度集めてそれを水や空気に溶け込ませることで温めます。


    その熱回収で温めたお湯と空気を、給湯器やエアコンの暖房として使えば電気を使うのは機器を使う部分だけに限定されるので電気代が安くなりさらに電気やガスの消費量が減るので環境にもやさしくなります。