• ヒートポンプの技術について

    ヒートポンプとは、わずかなエネルギーを投入するだけで、空気から熱を集めてきて、エネルギーの大きい熱として活用することができる技術のことを指します。身近に存在する冷蔵庫やエアコン、近頃では省エネルギー型の電気給湯器などにも活用されている省エネルギーの技術になります。ヒートポンプの技術を活用すると、投入したエネルギーよりも大きな熱エネルギーを得られるので、エネルギーを効率的に使うことができます。二酸化炭素を排出する量も、かなり削減することができることから、地球の環境を守ることにも貢献することができます。


    日本で提供されている一番新しいヒートポンプの技術を利用したエアコンは、1単位のエネルギーを投入することによって、6単位の熱エネルギーを受けることが可能になります。

    デスケーラーの有益な情報を提供します。

    そのため消費する電気量は、電気ヒーターと比べると、およそ六分の一ぐらいとなるため、非常に省エネルギーになります。

    ヒートポンプは他にも冷凍庫や、洗濯機の衣類を乾燥させる機能など色々な電気製品に利用されています。

    日本経済新聞はかなり有益な情報が揃っています。

    私たちの身近な生活に活用されているエコな技術となっています。
    エネルギーの消費効率が良く、大きな規模の施設でも対応することが可能なヒートポンプの技術はオフィスビルなどといった空調管理システムや、ホテルや病院の給湯システムにも使われています。



    これからは農場や工場などといったもっと大きな施設にでも拡大して利用することが期待できます。