• コージェネレーションシステムで排熱利用をすれば

    年々地球温暖化の問題は、より深刻になっています。

    これ以上余計に廃棄される熱を増やさないで、熱を合理的に再利用しようと考えられているのが、排熱利用です。その代表的ものがコージェネレーションと呼ばれる、電気を作る時にに出る排熱を利用するシステムです。

    このシステムが開発されるまでは、発電に必要なエネルギーのうち、実際に電気として利用できるのは40パーセント程度で残りの60パーセントを排熱として外に出されていました。コージェネレーションではその廃棄されていた60パーセントを排熱利用して、例えば蒸気を発生させるボイラーを設置し建物の空調などに利用します。



    今までは電気と熱をそれぞれ別の燃料から作っていたのに、電気を作った燃料からの排熱利用でボイラーを稼働させることになるため、大幅な燃料の節約になります。


    ボイラーだけではなく、排熱利用はこれまでも開発が進められていて、今後も更なる研究が進むであろうと期待されている分野です。
    現在では、熱は循環して利用できるものと広く認識されつつあります。

    日本経済新聞に関するマニアックな情報をお届けします。

    それに伴って多くの企業が排熱利用に関心を示し、コージェネレーションのシステムを取り入れ始めています。
    燃料を余すところなく使い切ることができれば、余計な熱は廃棄されることなく利用することができ、ひいては地球温暖化に歯止めをかけることが可能になるのではないでしょうか。

    このエネルギーの使いまわしは地球の環境を守るために重大な役割を果たしているのです。

    排熱利用情報が満載です。