• 注目されるアルカリ洗浄液

    一般的に汚れというものは色素のあるものが衣類の繊維の中に入り込むことで染みになったり、粘着性の物質が物に触れることによって広範囲に付着することで起きます。
    これらの汚れを落とすためには洗剤の中に含まれている界面活性剤をつかって落とすことになるのです。

    界面活性剤とは水の表面のまくと油の表面の膜を壊す役割を持つ液体で、先に言った汚れの多くは油分が含まれていることが多いので油の膜を壊し水を進入しやすくすることで洗い流す効果を発揮します。

    そのため界面活性剤の入っている洗剤を使えば大半の汚れを落とすことが出来ますが、しかし通常の洗剤は表面の汚れを落とすことは出来ても内部に侵入しすぎたり粘着性によって油分が強く覆われている場合には効果が無い場合があります。

    満足度の高い熱回収のココだけの話をしましょう。

    そこで内部に深く侵入したり粘着性で覆われている汚れを落とす手段として注目されているのがアルカリ洗浄液なのです。
    アルカリ洗浄液は界面活性剤が入っていますが、それだけでなく主成分として水酸化ナトリウムや炭酸ナトリウムなどのアルカリ性に属する様々なナトリウムを添加しています。

    日本経済新聞が最近話題になっています。

    アルカリ洗浄液の特性として、粘着性の物質に対しては油にアルカリ洗浄液が入り込むと結合反応が起きて泡立ち石鹸と同じ性質を持つ物質に変わります。

    つまり粘着物質が覆っているものが石鹸と同じ性質に変わることになることから、汚れは吸着しきれなくなり水で洗い流せば落ちるということになります。



    さらに色素が内部に浸透しすぎたものも、色素の中にはたんぱく質が含まれているものが多いです。

    そこでアルカリ洗浄液を使うことによってたんぱく質の結合を弱めてあげると繊維にしがみつく力がなくなるので汚れが落ちることになります。


  • ビジネスの事柄

    • 絵ねエネルギーの観点と室内を過ごしやすくする方法として、各電器機器メーカーがこぞって取り入れているのが熱回収システムです。熱回収システムというのは、空気中には太陽から発せられる熱エネルギーによって温められた粒子が存在します。...

  • 初心者向きビジネス

    • 最近よく耳にする言葉としてヒートポンプがあります。ヒートポンプは、言葉自体はこれまでも産業用など企業の業務に関係するシーンで広く用いられてきましたが、省エネルギーが唱えられている現在においては住宅建築などでも聞かれる言葉となっています。...

  • ためになる情報

    • ヒートポンプとは、わずかなエネルギーを投入するだけで、空気から熱を集めてきて、エネルギーの大きい熱として活用することができる技術のことを指します。身近に存在する冷蔵庫やエアコン、近頃では省エネルギー型の電気給湯器などにも活用されている省エネルギーの技術になります。...

  • ビジネスが気になる方

    • 年々地球温暖化の問題は、より深刻になっています。これ以上余計に廃棄される熱を増やさないで、熱を合理的に再利用しようと考えられているのが、排熱利用です。...