コンジローマ, 医療, 横浜

医療かつらと普通のかつらの違いとは

かつらといっても様々な種類があり、中には医療かつらといものもあります。医療かつらは、主に抗がん剤治療による副作用で脱毛が起こった時や円形脱毛症などの症状が発生し、一時的に脱毛が起こっている時に使用されることになります。一方普通のかつらの場合は、主に薄毛をカバーするために用いられることが多いです。しかし、どちらも足りなくなった毛髪をカバーするという点に関しては共通しているので、この違いがわかりにくいという面があるかもしれません。

そこで、まず医療かつらの特徴としては、髪質が自然に見えたり、通気性が良かったり、髪の毛も1本1本手植えでつくられていたり、頭皮部分も人間の頭皮のように自然であるという特徴があります。また、脱毛前と脱毛後の頭のサイズに対応することができるように襟足の部分いアジャスター機能が付随されています。価格については、様々な価格の物があり、3万円くらいのものから40万円くらいのものまであります。一方、通常のかつらは、医療かつらよりもファッション重視であったり、部分用であったりします。

ですから、スタイル重視となっており、機械で人工の毛髪が植えてあるものがほとんどです。毛髪部分は機械で行うということで、大量生産が可能ですから、価格については医療かつらよりもさらに安価に購入することができる場合があります。ただし、ネットの部分などは、医療用よりも目が粗くなっていて、頭皮に刺激を感じることがあったり、通気性の面においては医療用よりも劣ることが考えられます。また、髪質については、安いかつらの場合、人工であることがすぐにわかってしまう可能性もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です