包茎手術, 医療, 横浜

薄毛対策に植毛を選ぶ人が増えています

薄毛で悩んでいる人は非常に多く、育毛剤を始め、様々な薄毛対策の商品が売れています。薄毛対策に、男性型脱毛症に効果がある育毛剤を使っている人は多いですし、クリニックに通って増毛や発毛のメニューを受ける人もいます。そして、最近注目を集めている薄毛対策が、自毛植毛です。自毛植毛は、後頭部の髪の毛が残っている部分から、薄毛の症状が進んでいる部分に、毛根ごと髪の毛を移植する方法です。

自毛植毛は不自然さが少なく、施術してから1週間後には、普通に洗髪することが可能です。そして何といっても、一生自分の髪の毛で生活できるというメリットがあります。施術に関して、痛みや安全性を心配する人がいますが、植毛の施術は全身にかかる負担が少なく、痛みもほとんど感じることはないので安心です。施術後、1ヵ月から2ヶ月は、ヘアサイクルでいうと休止期になるので、毛が抜け落ちていきますが、成長期に入ると発毛が始まるので心配しなくても大丈夫です。

施術をしてから半年くらいで発毛が完了し、短くて細い毛が、だんだんと濃くて太い毛になっていきます。植毛後にもカツラを着用したい場合は、48時間後なら着用できます。しかし、発毛にとっては、なるべくカツラを着用しない時間を作ることが大事です。なぜなら、カツラは発毛を遅らせることがあるからです。

どうしてもカツラが必要な時だけカツラを着用するようにして、自宅ではカツラなしで過ごすほうが頭皮の健康のためには良いのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です