住所のみ借りたいならバーチャルオフィス

会社を設立するとなると、登記簿に住所を必ず記載しなければいけません。近年は、自宅を事務所にしてインターネットなどを使って何か事業をやろうと起業する人がたくさんいます。そのような形で会社を設立するとなると、自宅の住所を登記簿に記載する必要があります。ただ、自宅の住所を登記簿に記載するのに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

登記簿は、法務局などに行って申請すれば誰でも見ることができる資料で、自分のまったく知らない第三者も調べようと思えば調べられるわけです。そのような資料に自宅住所を掲載することに不安を感じる方は少なくありません。特に女性などは強い抵抗感を覚えるはずです。住所のみなんとか自宅以外にする方法はないのでしょうか。

実はバーチャルオフィスを活用することで、住所のみ自宅以外にすることは可能です。バーチャルオフィスは、住所のみを貸してくれるサービスで、自宅を事務所にして起業する人の間で近年急速に利用が拡大しています。バーチャルオフィスで貸してくれる住所は、たいてい東京都心の一等地など、かなりいい場所に設定されていますから、会社の信用アップにもなるかもしれません。バーチャルオフィスは働く場所は提供してくれませんが、郵便物などの転送は行ってくれる場合が多いです。

またオプションサービスで、電話代行や秘書代行、ファックス貸し出し、会議室レンタルなどを行っているケースも多いです。上手く活用すれば、仕事の効率を向上させられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です