住所のみのバーチャルオフィスで安全なビジネスを

事業を経営する際には、開業届を出したり郵便物を受け取るための住所がまず必要になりますが、ネットショップなどを営む場合、特定商取引法に基づき不特定多数の人たちに所在地を公表することになるため、自宅住所を公開することに抵抗を感じる方も多いでしょう。また通常のオフィスとして借りるにも何かと費用がかかりますので、スタート時には厳しい資金面で悩まれる方も少なくないようです。このような方におすすめなのが、今大注目されているバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスはいわゆる仮想事務所のことで、事業用の住所を貸し出すサービスとなります。

手続き上の住所のみですので、物理的スペースを貸し出すレンタルオフィスやシェアオフィスとは異なり、仕事をするスペースは別の場所が必要になります。事業者は個人法人を問わず、郵便物の受け取りや銀行口座の開設や登記などの際に所在地が必要ですし、取引先がいる場合は、もちろん所在地を伝えなければ仕事になりません。そこで住所のみのバーチャルオフィスを利用すれば、自宅の住所を伝えずに済むので安全ですし、費用も通常のオフィスより安く上がります。また会社の所在地はビジネスの信頼にも関わる重要な部分でもあるため、多くの取引先を持つなら会社の全てのコミュニケーションに使える、一等地のオフィスビルなどを利用するのもおすすめです。

取引先から見ればどこを拠点としている会社なのかを知ることにより、お付き合いが幅広く有効なものとなりビジネスの成長にも大いに役立ちます。他にも自宅や職場が引っ越しすることになったとしても、ビジネス上の住所は影響されないため余計な費用や事務手続きがかかりません。それに自宅以外の住所をあげておけば、税務調査などの場合でも自宅への税務署員の直接来訪を避けられます。このように住所のみのバーチャルオフィスは、あらゆるビジネスシーンで想像以上に大活躍しているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です