住所のみを安く借りられるバーチャルオフィス

ビジネスの現場にいると、事業所の所在地が社会的信用に関わっていることを印象付けられる経験をすることがあります。新規の顧客を獲得すべく営業を行ったり、金融機関に融資の申込みをしたりする場面では、所在地によって一種の「値踏み」をされていると感じることも少なくありません。となれば、高いステータスを誇るエリアにオフィスを構えれば、社会的信用がアップすることで業績向上につながる可能性も高まります。ただ、そうしたブランド力の高いエリアの賃貸物件は当然ながら賃料や保証金なども高額で、小規模な事業者にとってはかなりの経済的負担を強いられることとなります。

こうした課題を解決してくれるのが、バーチャルオフィスと呼ばれるサービスです。物件ではなく住所のみを借りることで、低コストで名目上の「所在地」を実現することができます。タイプによっては、電話代行などの付帯サービスが利用できるケースもあります。住所のみを借りるとは、具体的には有名なビジネスエリアなどに所在するビルに看板を掲げ、そこにオフィスが実在するかのように体裁を整えることをいいます。

これがバーチャルオフィス、すなわち仮構されたオフィスとなります。その場所には専任のスタッフが配置されているので、宅配便などは代理で受け取ってもらえます。もちろん各種郵便物も届くので、その住所を本社所在地などとして名刺に刷り込んだりホームページに掲載したりすることができます。バーチャルオフィスは住所のみを借りるのであって不動産を賃借するわけではないので、月々のコストは通常の賃貸オフィスに比べると少なくて済みます。

内装工事費やオフィス家具の購入といった、初期費用も不要となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です