バーチャルオフィスなら事務所の住所のみを他に移せる

自ら会社を立ち上げるなどしてビジネスを行っている事業者の中には、実際に仕事をしている場所と対外的な事業の本拠地を別々にしたいという意向を持っている人がいます。分かりやすいのはインターネットなどを駆使して自宅で仕事をしている人で、本人や家族のプライバシーを守るために自宅の住所をオープンにしたくないというケースです。また、オフィスは別に確保しているものの、メインの営業エリアから遠く離れているというケースもあります。この場合、離れた場所にあることで心理的な距離が生まれてしまい、取引先との関係がうまく行かなくなってしまうという懸念が生じます。

こうした課題は、当然ながら適切な場所に賃貸オフィスなどを借りれば解決します。しかし賃料などのコストを負担するのが大変だという場合は、住所のみを借りるという解決法もあります。それが、バーチャルオフィスと呼ばれるサービスの利用です。バーチャルオフィスとは、専門のサービス事業者が占有しているビルの一室などに看板を掲げ、そこに利用者のオフィスがあるかのようにしてくれるサービスです。

これにより、事業実態はその場所にはないにも関わらず住所のみを借用できるわけです。借りるのは住所のみ、つまり名義のみであって不動産自体は賃借しないため、負担すべき費用は極めて低額で済みます。住所と固定電話番号の局番が一致しないのが気になる人のために、バーチャルオフィス専用の電話番号を用意して転送してもらえるサービスをオプションで提供しているところもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です