バーチャルオフィスでは事務所の住所のみを借りられる

近年では自宅を仕事場にして1人でビジネスを始める、いわゆるSOHOスタイルの起業家が増えてきています。インターネット上で業務が完結するのであれば都心のオフィスビルなどに事務所を構える必要はありませんし、執務環境を整えるためのランニングコストも節約できることから、非常に人気があります。ただ、このような場合は自宅の住所をそのまま事業の本拠地として対外的にアピールすることとなるため、家族と同居している人などはプライバシー上の懸念が生じます。また、事業の進捗に伴って通信量が増えてくると、ビジネスレターと私的な郵便物が混じり合って整理が大変になるといった問題も出てきます。

そうなると、事務所自体は必要ないが、せめて住所のみでも他に移せないかという考えが生まれても不思議ではありませんが、そうしたニーズに応えてくれるのがバーチャルオフィスというサービスです。バーチャルオフィスは、不動産物件を借りるのではなく、その住所のみを借りられるサービスです。名義貸しならぬ「所在地貸し」とでも言えるような性質を持っていて、サービス事業者と契約することでその事業者が占有する住所(多くはオフィスビルの一室)に看板や郵便ポストなどを設置し、そこにあたかも事業の実態があるかのような体裁を整えてくれます。バーチャルオフィスを利用すれば、たとえ実際は自宅で仕事をしていても別に本拠地を構えることができるようになります。

しかも借りているのは住所のみなので、賃料(利用料)は低額で済みます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です